幅広靴 外反母趾自宅マッサージ25日間改善法 高城優衣 治療 治す

外反母趾に幅広靴が必ず良いとは限らない

外反母趾には幅広靴が良いと思っていませんか?
足に合わない靴が外反母趾や巻き爪を作ることは、多くの人に知られるようになっていましたね。

 

 

そんなこともあり外反母趾の方なら幅広の靴を履くようにというのを一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
ですが、これは間違った常識なんですね。

 

 

確かに足の幅が横に広がる傾向があるので、そのように言われるのでしょうが、その状態で幅広の靴を履くと、より一層足の幅が広がってしまいます。
これを開張足といい、これになると外反母趾がますます進行してしてしまうのです。

 

 

例えば、パンプスは足の人差し指が一番長い(ギリシャ型)ことが多い西洋人が、足の横幅を押さえて形を綺麗に見せる為に作られた靴で、そこから足のトラブルを解消させる為に幅広の靴が開発されました。

 

 

一方、東洋人の足の形は親指が一番長いエジプト型が多いと言われいます。
この足の形は、体重を支えるのに親指の負担が大きく、偏平足や開張足が起きやすいのです。

 

 

これが親指の列の骨(第一中足骨)を内側に曲がるのを引き起こしてしまうのです。
ですので、外反母趾や巻き爪は、幅広靴が良いとは短絡的に考えずに、自分の足に合った靴選びを行うようにしましょう。

 

 

また、靴以外にもストッキングなどの履き方にも気をつける必要があります。
つま先がたるまないように履くのが綺麗にみえますが、これだと親指を外反状態にしたり、爪の先に負担が大きくなり巻き爪にしやすくなります。

 

 

その為、つま先と踵をしっかり合わせて履くようにすると良いでしょう。

 

 

このように外反母趾の原因は、靴のサイズや種類だけではありません。 あなたが何気に生活しているその中にこそ、外反母趾を誘発させる行いがあるのです。
その為、グッズなどに頼りきりではなかなか良くならないことがあります。

 

 

原因から解消していく為には、運動不足などの生活習慣を見直していくと共に、自分自身で出来る足のセルフケアを取り入れるのが大切です。
多くの場合、器具などを使わなくても、ストレッチやマッサージなどを取り入れることで改善が期待出来ます。

 

 

このウオークカウンセラーの高城優衣さんの外反母趾自宅マッサージ25日間改善法は、大きく分けると、ストレッチ、マッサージ、トレーニングの3つのス テップのみになります。

場所や時間、年齢性別問わず、とても簡単に継続できるようになっています。これまで、他のマッサージ法などを試して挫折した方にこそ、お勧めです。

 

高額なお金を掛けずに自宅で根本から治す方法!

自宅で短期間で改善する3つのステップをお教えします!

 

             外反母趾自宅マッサージ25日間改善法の詳細を見てみる

 

 
実践者の声 外反母趾を治す為の基礎知識 リンク集